マツエクとは

マツエクとは?

マツエクとは「まつげエクステンション」の略で、地まつげに1本ずつエクステンションをグルー(専用接着剤)で装着する技術です。
一度装着すると数週間(個人差がありますが通常3〜4週間)は目元が華やかな印象となり、顔を洗っても取れることはありません。

▲戻る


マツエクのうれしいコト

 Q.マツエクをして良かった点は?
マツエクをつけることで嬉しい効果がたくさんあります。

・お化粧の時間短縮
毎朝のビューラーやマスカラが必要ありません。

・レジャー、旅行、スポーツ時でもはっきりとした目元に
水や汗に強く海やプール、温泉、メイクを落とした際に人と差をつけることができます。

・まるで生まれつき?自然な美しさに
つけていることを感じさせず目元が華やかになり、まばたきなどの所作も美しくなります。


つけまつげとの違いは?

つけまつげは、まぶたとまつげの際に接着させるため皮膚にダメージを与える可能性があり、毎日の付け外しによってまつげの根元に大きな負荷がかかります。 マツエクは、地まつげそのものに装着していくので、まぶたなどの皮膚に接着剤がつくことはありません。 地まつげの根元から、1.5mmほど離して装着していきます。



ビューラーやまつげパーマも負荷がかかっている?

まつげに化粧をする際の必須アイテムであるビューラーもまつげにダメージを大きく与えます。 また、まつげパ−マは地まつげの結合を薬剤で一度離して、カ−ルした形を作るため、地まつげへの負担が大きいものと考えられています。



マツエクにはたくさんの種類がある

一般的な日本人のまつげの太さは0.1mm程度と言われています。 エクステンションには様々なカール感や太さ・長さがあり、デザインに応じて使い分けていきます。 細いものは自然な仕上がり、太いものはゴージャスな仕上がりになりやすいですが太いものほど地まつげへの負荷は大きいと考えられています。
またエクステンションにはシルク・ミンク・セーブルの3種類があります。 一般的にセーブルが高級とされていますが、実は全て同じ材質なのです。 本当の違いは太さにあります。 シルク>ミンク>セーブルの順で、根元から毛先にかけての太さが太くなります。 そのためセーブルは柔らかく感じやすく、ナチュラルな仕上がりとなります。 また、地まつげとの接着面積も小さくなり負荷が小さくなると考えられています。






まつげとエイジング


歳を重ねるにつれ、まつげは他の体毛同様に細く、少なく、生え変わりも遅くなっていきます。
iiHi では地まつげが少ない方でも負担なく、間を埋めてバランス良くする「2ピース」という特別な施術を行っています。

▼2ピースとは



↑ PAGE TOP